診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
参考

画像を中心に(腹部編)

引き続き画像関連について、腹部を中心にピックアップします。

だーっと書いたので、まとまっていませんが宜しくお願い致します。

直前で申し訳ありません。

解剖(上腹部)

解剖問題では上腹部が一番出題されている印象です。もう一度確認して下さい。

CT 造影 上腹部

 

MR 脂肪抑制T1W 上腹部

 

第69回 撮影技術学 午後の90より問題、解説を抜粋。

CT 造影 順序 D – B – A – C

 

Dは、造影されている箇所が見られないので単純撮影(造影前)と思われます。

Bは、大動脈が濃染されていますが、肝の血管や脾臓が造影されていません。早期動脈相と思われます。

Aは、大動脈が濃染されています。肝の血管や脾臓も造影されています。後期動脈相と思われます。

Cは、大動脈や臓器がほぼ均一に濃染されています。肝内の血管がやや濃染されているようにも見えますので、門脈相もしくは遅延相と思われます。

 

解剖(下腹部)

69回 撮影技術学 午前の92より、解説を抜粋します。

この骨盤レベルの画像は良く出題されている印象です。

この問いに有効なのが、サジタルの画像を思い出すことです。

女性の場合、下の図の青点線を見てください。

この画像をアキシャルにすると、前から膀胱・子宮(頸部)・直腸の順になります。

男性のサジタル像は見つかりませんでしたので、得意のイラストを描きました。全然分かりませんね・・・。

想像力でお願いします。この問題は、膀胱が入らないで前立腺と直腸レベルの画像問題でした。

 

解剖(血管)

血管造影 腹腔動脈

 

血管造影 腹腔動脈

 

腹腔動脈は、右の肝臓に行ったり、左の脾臓に行ったりします。
だから横に広がるイメージです。

では上腸間膜動脈は?
小腸や一部大腸を栄養します。だから縦長のイメージですよ。

CT VR画像 血管

 

血管造影 腹部血管

 

オレンジ矢印の血管は分かりますか?

血管造影ですけど、動脈ではありません。

門脈です。大抵は上腸間膜動脈を造影して、小腸や一部大腸に行き、その後門脈が造影されたタイミングの画像です。

 

VR画像とMIP画像の違いはこんな感じです。

CT VR画像

 

MRA MIP画像

 

第69回 撮影技術学 午前 91 の問題、解説を引用します。

血管造影 骨盤

 

ア内腸骨動脈 イ総腸骨動脈 ウ外腸骨動脈 エ総大腿動脈 オ浅大腿動脈

 

解剖(MRCP)

MRCP MIPな気がします。

 

解剖(透視、TV、レントゲン)

第69回 撮影技術学 午後 89より問題、解説を抜粋。

透視 半立位第2斜位(シャツキー)

 

画像と撮影体位の組み合わせは、経験していないと解答するのは困難であると思います。

ただ、この画像では違ったアプローチが可能です。次の2点から、解答することも可能であると思います。

  • 椎体を見る

画像上椎体が右を向いてます。右を向く=右が後ろに来るので、第2斜位になります。

  • バリウムの位置を見る

バリウムは胃の下の方にあります。これは半立位もしくは立位の画像になります。

 

では次はどうでしょう?
椎体とバリウムを見ます。

透視 (半)立位第1斜位

 

次の画像は、前壁の腹臥位です。バリウムが上部にありますので、頭低位です。

前壁 腹臥位

 

ここまで来ながら注意事項です。

胃の解剖的に背臥位正面、第1斜位、第2斜位、振り分けではバリウムは上部(穹窿部)に溜まります。

それ以外の体位(半立位とか腹臥位)では、バリウムの位置を見ることが有用です。

 

 

注腸 背臥位

 

注腸の背臥位と腹臥位は分かりますか?
こんな感じです。

注腸 腹臥位と背臥位のイメージ

 

 

DIP 尿路造影

 

疾患

食道癌

 

閉塞性黄疸という疾患があります。
※今後新たな記事を作成予定です。

本来は胆汁から分泌されるはずのビリルビンが、何らかの原因で排泄されずに発症します。

胆汁で排泄されないと、総胆管の拡張、肝内胆管の拡張などが起こり、血中に出てしまう疾患です。

造影CT 肝内胆管の拡張

 

検査時に皮膚が黄色くなっている人を時折見かけます。
その主な原因は、総胆管結石と膵頭部腫瘍です。

MRCP MIPかな?

 

膵頭部腫瘍の場合は、膵管が拡張することもあります。

MRCP 膵管の拡張

 

 

第66回 撮影技術学より問題・解説を抜粋。

86 頸動脈性造影CT 像を示す。正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1.AはCTAP である。
2.腹水貯留を認める。
3.門脈閉塞を認める。
4.食道静脈瘤を認める。
5.腹腔内出血を認める。

削除された問題です。が参考までに。

1.AはCTAP である。→Aで濃染されている箇所は、病変のように見えるのでCTAと思われます。BがCTAPと思われます。

2.腹水貯留を認める。→認めます。

3.門脈閉塞を認める。→門脈が閉塞している場合、CTAPで正常肝も濃染されません。

4.食道静脈瘤を認める。→認めます。

5.腹腔内出血を認める。→出血は明らかではないと思われます。

問題には動脈性とありますが、動脈性と捉えて説明します。

CTAP:経動脈性門脈造影CT
上腸間膜動脈から造影剤を注入し、造影剤が門脈から肝臓に流入するタイミングでCTを撮影します。

CTA:肝動脈造影CT
総肝動脈から造影剤を注入して、CTを撮影します。

肝細胞癌はほぼ肝動脈から栄養を受けています。
よって肝細胞癌は、CTAでは造影剤で濃染されます。

一方、CTAPでは門脈の血流動態が分かります。正常の肝は門脈で濃染されますが、肝細胞癌は濃染されないということになります。

CTA、CTAPの利点として、通常の造影CTではっきり抽出されない病変も明瞭に抽出することが可能です。

 

ニボーは良く聞くと思いますが、イレウスを疑うサインです。

レントゲン ニボー