診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
CT

胸部CT、スリガラス影について

最近CTをよく担当する、カワシマです。

その中で、胸部は比較的多く行う検査です。CTが得意とする高コントラスト・高空間分解能が活かしやすいからです。

健診で指摘されて精査を行う場合や、咳が出るなど症状がある場合に検査を行うことが多いです。そんな時、良く見かけるのがスリガラス影です。

ここでは胸部のCT撮影とスリガラス影について書きたいと思います。

胸部CTで注意すること

胸部の撮影では、呼吸や心臓の拍動の影響を受けやすいです。

そのため呼吸は最大吸気が基本です。吸気が不十分だと、荷重部つまり背中側に高吸収の陰影が見られることもあります。

また心拍動の影響を最小限にするために、スキャン時間・X線管球の回転時間を短くすることも大切になります。

検査が終わると、画像の確認になります。胸部撮影は、肺野条件と縦隔条件を観察するのが基本となります。この2つは、観察する目的が異なるため、使用する関数やウィンドウ値が異なります。

撮影時間 15秒以下が推奨されています。
回転時間 0.5sec/rot程度が推奨されています。
スライス厚 5mmが推奨されています。
肺野 WW:1500~1600、WL:‐500~‐600
縦隔 WW:300~400、WL:20~40

その他、詳細なパラメータは割愛します。

 

スリガラス陰影

画像の再構成で、スライス厚が5mmを推奨している理由があります。

肺野条件に限って言ってしまいますが、それは淡い(濃度上昇が少し)スリガラス影をしっかり画像にすることを目的にしています。(要精査となる10mm以上の病変も画像にできます。)

ちなみにスリガラス影は、GGO(ground-glass opacity)と呼ばれることも多いです。

このスリガラス影が観察された場合、さらに画像を再構成することが多いです。肺野全域ではなく、単独の病変を想定しまいます。

HRCT拡大再構成と呼ばれるものです。
HRCTとは、高分解能CT(high resolution CT)のことです。

国家試験の過去問題でそれっぽいのがありましたので、挿入しておきます。

HRCTの特徴は、次の通りです。

  • 高周波関数を使用します。

再構成に使用する関数は、高周波関数を用います。

高周波すぎると、血管などの周囲に黒い帯状のものが見られることがあります。これをアンダーシュートと言います。

  • FOVを小さくし、画像を拡大します。

拡大再構成とは、その名の通り病変を拡大して画像にすることです。画像を拡大するにはFOVを変更します。可能な限り拡大するのではなく、ある程度のFOVで再構成します。

ではある程度とはどれくらいでしょうか?

これは使用している装置にもよりますが、220mm程度が推奨されています。これ以上拡大しても、分解能の向上は得られません。

このFOVサイズを求めることもできますが、ピクセルサイズ、使用している関数のMTF、サンプリング定理などが関わってきます。

興味ない方は、飛ばしてください。

拡大再構成するFOVのサイズが妥当か確認するために

マトリックス数は、512×512であることから、ピクセルサイズを求めます。
ピクセルサイズ = 検討しているFOV / 512

ピクセルサイズより、周波数を求めます。

周波数=1 / 2 × ピクセルサイズ [cycle/mm]

この周波数が、限界の解像周波数になります。求めた限界周波数と使用している関数のMTFを比較し、10%MTF周囲で一致しているか否かで妥当かを判断することができます。

10%MTF = 視覚で識別可能な最小解像度

拡大再構成する最適なFOVを求めるに

再構成に使用している高周波関数のMTFグラフを用意します。そのグラフから10%MTFとなる周波数を求めます。

10%MTFの周波数を、サンプリング定理に代入します。

サンプリング定理
⊿X ≦ 1/(2×Umax)

Umax:最高周波数、10%MTFで求めた周波数、⊿X:サンプリング間隔

求めた⊿X×512=最適なFOVサイズになります。

覚えて頂きたいことは、

拡大再構成のFOVを150mmとか100mmに設定しないでください

ということです。

220mm以上に拡大しても、解像度の向上は見られません。

 

  • スライス厚を小さくします。

再構成する際のスライス厚は、1mm以下が推奨されています。

スライス厚に影響しそうな要因で、ビームピッチが挙げられます。

しかしビームピッチの変化に対し、実効スライス厚の変化は小さいので問題ないとされます。その代わり、ビームピッチが大きいとウィンドミルアーチファクトの影響が大きくなるため注意が必要です。

腺癌

スリガラス影が観察された場合、肺腺癌を疑うことがあります。

腺癌の特徴は次の通りです。

  • 肺野の末梢に好発しやすい
  • 血行性に骨や脳に転移しやすい
  • 女性の肺癌の70%を占めます
  • 喫煙との関連性はありますが、非喫煙者の発症も多く見られます。
  • 初期は無症状のことが多く、健診で発見されることも多いです。

CTで末梢型腺癌の分類で使用されるものに、野口分類というものがあります。20mm以下の末梢型腺癌を病理的に分類し、増殖形態や性状から6種類に分類したものです。

野口分類

含気型(スリガラス影)

  • A腫瘍内に線維化巣な
  • B腫瘍内に肺胞虚脱型の線維化巣を認める
  • C腫瘍内に繊維芽細胞の増生巣を認める

充実型

  • D充実破壊性に増殖する低分化腺癌
  • E管状腺癌
  • F肺胞上皮非置換性に増殖する乳頭腺癌

詳細な分類は覚えなくても良いと思いますが、

  • スリガラス影 = 腺癌
  • 充実性腫瘤 ≠ 腺癌

ではないということが重要です。

まとめ

胸部CTの特徴、スリガラス影、HRCT、腺癌

胸部CTは、CTの特徴を活かしやすいです。

高コントラスト・高空間分解能

ただし呼吸や心拍動の影響を受けやすいです。

この特徴を活かし、小さい・淡いスリガラス陰影も検出できます

スリガラス陰影を観察した場合、画像再構成を行うことも多い

HRCTでは、次のように再構成することが望ましいとされています。

  • 高周波関数を用い、
  • FOV = 220mm程度
  • スライス厚は1mm以下

野口分類にもあるように、スリガラス陰影だけが腺癌ではありません。