診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
参考

内分泌について

国家試験に良く出題されている内分泌について纏めます。

やらなくてはいけないなと思いつつも、先送りにしていました。

こちらも随時更新して行きますので、宜しくお願いします。

内分泌の概要

内分泌とは、分泌細胞がホルモンを血中に分泌し、標的細胞が受け取ることで作用が発揮されるしくみのことです。

内分泌系のしくみとホルモンは、体内の恒常性(ホメオスターシス)の維持に関与しています。

※厳密には、ホルモンは分泌細胞から血中へ分泌する以外にもあるそうです。

この内分泌のシステムは階層構造になっています。

  • 上位の内分泌腺 → 下位の内分泌腺 → 標的内分泌腺 → 標的細胞

さらにホルモンの血中濃度が正常範囲に保たれるようにフィードバック機構も備わっています。

  • 上位の内分泌腺 ← 下位の内分泌腺 ← 標的内分泌腺

 

脳関連

視床下部

  • 下垂体前葉ホルモンを刺激します。
  • 下垂体後葉ホルモンを産生します。

 

下垂体前葉

視床下部ホルモンで刺激され、標的内分泌腺にホルモンを分泌します。

下垂体前葉ホルモン 視床下部ホルモン(促進) 視床下部ホルモン(抑制)
成長ホルモン 成長ホルモン放出ホルモン ソマトスタチン
プロラクチン プロラクチン放出因子 ドパミンなど
甲状腺刺激ホルモン 甲状腺刺激ホルモン放出
ホルモン
副腎皮質ホルモン 副腎皮質刺激ホルモン
放出ホルモン
性腺刺激ホルモン
(黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモン)
ゴナドトロピン放出
ホルモン

 

下垂体後葉

視床下部で合成された下垂体後葉ホルモンを貯蔵し、分泌します。

バソプレシン

腎に働き水分の再吸収を促進します。そして体内の水分が保たれ、血漿浸透圧が基準値に維持されます。

分泌の低下もしくは腎で上手く作用しないと、水分が吸収されないまま排泄されてしまいます。

その結果、血漿浸透圧が上昇し、口渇、多飲を起こします。これを尿崩症(多尿)と言います。国試にも良く出てきます。

ちなみにバソプレシンが原因の尿崩症は、出るから飲むイメージです。

尿崩症には別のタイプもあります。心因性多飲症です。こちらは飲むから出るイメージになります。

オキシトシン

乳腺に働き、乳汁を乳管へ放出させます(射乳作用)。

子宮では、子宮平滑筋を収縮させることにより分娩の進行を早めたり、そのときの出血を少なくしたりします。

 

甲状腺

甲状腺ホルモンは、全身の代謝や各臓器の働きを活発にするホルモンです。

全身の臓器に作用し、成長・発育、エネルギー産生、代謝や循環器系の調節などの役割を担っています。

甲状腺ホルモンにはサイロキシン、トリヨードサイロニン、リバーストリヨードサイロニン、カルシトニンがあります。

 

副甲状腺

副甲状腺ホルモンは、Ca代謝を調節しています。

 

副腎

副腎皮質

コレステロールからステロイドホルモンを合成し、分泌します。

  • コルチゾール
    生命維持に重要な役割を果たします。主な作用は、糖質・蛋白質・脂質代謝の調節、免疫機能の調節、水・電解質・血圧調節、骨代謝や精神・神経系に対する作用などです。
  • アルドステロン
    腎臓の集合管に作用して、Naと水の再吸収を促進し、血圧上昇や循環血漿量を増加させる作用があります。レニン、アンジオテンシン、アルドステロン系によって調節されています。
  • アンドロゲン
    末梢でテストステロン、ストロゲンに変換されて作用します。男性では生殖器の発達・機能維持、女性では恥毛・腋毛の発生などの作用があります。

 

副腎髄質

チロシンからカテコールアミンを合成、分泌します。

血中から細胞内に取り込まれたチロシンが酵素反応を受け、ドパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンが合成されます。

 

心臓

心房性ナトリウム利尿ペプチド

脳性ナトリウム利尿ペプチド

 

肝臓

アンジオテンシン

 

膵臓

産生、分泌しているホルモン(内分泌)は次の通りです。

  • α細胞 グルカゴン

 

  • β細胞 インスリン

 

  • δ細胞 ソマトスタチン
    インスリンやグルカゴンなどの分泌を抑制する働きがあります。

 

腎臓

  • エリスロポエチン

赤血球の造血因子であるエリスロポエチン(EPO)は、大部分が腎臓で産生されます。そのため腎機能が低下するとEPOの産生も低下し、貧血が進行します。

第70回 医学大要 AM 60の解説です。

性腺(精巣)

テストステロン

 

性腺(卵巣)

エストロゲン