診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
CT

CT装置ハードの概要

CT装置のハード面についての概要を記載します。
こちらも随時追記していくイメージですので、よろしくお願い致します。

 

リファレンス検出器(CT-AEC)

CT-AECと呼ばれるやつです。X線の出力をX線放射口、もしくは検出器の端で検出して、CT値の計算にフィードバックします。

位置決め画像から被写体の体格などを考慮して、X線透過度を推測します。そして本スキャンの時に、X線の管電流を自動で変化させる仕組みです。

 

ボウタイフィルター

X線管球のすぐ下に設置されている、蝶ネクタイの形をフィルターのことを言います。

被写体はほとんどが円形であることや、そしてFOVの中央と辺縁の距離によるビームハードニングの違いを補正するが目的です。このフィルターがあるため、X線エネルギーが均一化されるイメージです。

 

検出器

被写体を透過したX線は、散乱線除去格子を経て、検出器に至ります。

この検出器には、次のような性能が求められます。

  • 検出効率が高い
  • エネルギー依存性が少ない
  • 安定性がある
  • ダイナミックレンジが広い
  • 入出力の直線性が良い
  • 検出信号の立ち上がり・立ち下り時間が短い(アフターグロウが短い)
  • etc

 

ちなみに検出器は、最近では次の組み合わせが主流だそうです。

  • シンチレータ(発光する役割)

シンチレータには、CdWO4、(Y、Gd)2O3などがあるそうです。

  • フォトダイオード(電気信号に変換する役割)

 

以前は次のような組合せもあったそうです。

  • シンチレータ + 光電子増倍管

シンチレータには、NaI(Tl)、CsI(Tl)、CdWO4などがあったそうです。

  • キセノン(Xe)ガス検出器

 

DAS(データ収集システム)

DAS(date acquisition system)では、検出器の各検出器からの電気信号をコンピュータで処理できるようにA-D変換を行います。

DASの数によって1回転で得られるCT画像数が決定されます。