診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
参考

循環器の疾患について

記事のタイトルに困っているカワシマです。

とりあえずこれにしておきます。

随時、追記していきます。

深部静脈血栓症(DVT:Deep Venous[Vein] thrombosis)

下肢の深部静脈系に血栓を生じ、静脈閉塞を起こしたものを言います。

解剖学的に左下肢に血栓が生じやすいです。それは左腸骨静脈は、右腸骨動脈と仙骨に圧迫され、血流が停滞することがあるためです。

症状

片側の下肢の腫脹、うっ血による色調変化、緊満感、Homans症候群などの症状があります。

Homans症候群とは、下肢を進展させた状態で足部を背屈させると、ふくらはぎに疼痛が生じることを言います。

誘因

静脈血栓は、血流停滞・静脈壁障害・血液凝固能亢進(Virchowの3成因)を起こす様々な要因が関与している。

  1. 血流停滞 長期臥床、妊娠、長時間の座位、脱水など
  2. 静脈壁障害 手術(特に骨盤部)、外傷、中心静脈カテーテル留置など
  3. 血液凝固能亢進 悪性腫瘍、炎症、膠原病、経口避妊薬など

 

肺血栓塞栓症(PTE:Pulmonary Thromboembolism)

肺動脈に血栓が塞栓した状態を言います。

PTEは深部静脈血栓で生じた血栓が、静脈血流によって肺に到達することで発症する重大な合併症です。

症状

突然の呼吸困難や胸痛、低酸素血症を伴います。

原因

手術後や長期臥床など深部静脈血栓が発症しやすい状態の後に、運動を開始したときに好発します。

DVTが存在している場合、PTEを予防するために、下大静脈(IVC)フィルターを留置することもあります。

臨床現場でも、呼吸困難やSpO2低下などの原因検索で胸部単純CTを実施することがよくあります。

検査をした結果、肺炎なども含めて明らかな原因が見つからないことがあります。

そんな時、PTEを疑うことが大切になります。

単純CTでウィンドウ値を変更することで、わかる場合もありますが、確定診断はできません。

そんな時に役立つのが、Dダイマーです。

Dダイマー

血栓中の安定化フィブリンの分解によって生じるものらしいです。

Dダイマーの上昇は、血栓傾向(凝固系の亢進)とそれに伴う線溶系(血栓の溶解反応)の亢進を反映します。