診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
レントゲン

骨塩定量について

私が実習施設で見た骨塩定量は、DXAと呼ばれるものでした。私の職場では、QUS法やMD法が行われています。

このように、骨塩定量は、施設や地域(健診)で用いる手法が異なると思います。

そもそも骨塩定量とは?

非侵襲的に骨密度(骨塩定量)を定量評価し、骨粗鬆症やホルモン分泌異常の診断、経過観察、治療効果の判定などに利用されます。

骨は、

  • 有機質の骨気質(主にコラーゲン)
  • 無機質の骨塩(ミネラル成分:カルシウム、リン、マグネシウムなど)

で構成されています。

本来は、骨量=有機質+無機質ですが、骨量=骨塩量=骨密度という扱いとなっていることに注意してください。

骨密度(BMD:bone mineral density)

BMD[g/cm^2]は、BMC[g]と骨面積[Area:cm]の結果から求められます。

  • QCTのBMDは体積密度[g/cm^3]
  • DXAの場合のBMDは面積密度[g/cm^2]

骨塩定量法の種類

X線写真濃度測定法(PD:photodensitometry)

基準物質(アルミステップ)と第2中手骨を撮影します。それらの濃度を比較することで、骨密度を求めます。

撮影方法が毎回異なっては、定量的に評価できないため、撮影条件を標準化する必要があります。(管電圧、管電流、撮影時間、撮影距離など。)

通常のレントゲン撮影をする機器で撮影できますが、DXAに比べて精度が低いです。

 

画像濃度の読み取り法

  • MD法(microdensitometry)
    マイクロデンシトメータにより画像濃度を測定します。
  • DIP法(digital image processing)
    高分解能CCDカメラにより画像濃度を測定します。
  • CXD法(computed X-ray densitometry)
    線上に配列されたCCDカメラにより画像濃度を測定します。

 

二重光子吸収測定法(DXA:dual energy X-ray absorptiometry)

2種類の異なるエネルギーのX線を用いて、骨密度を測定します。

X線ビームと検出器を一体化させて移動させ、ペンシルビームやファンビームのX線を用います。

再現性が良く、広範囲の想定が可能です。

腰椎、大腿骨、全身、前腕の測定が可能です。

脂肪量の算定も可能です。

定量的CT法(QCT:quantitative computed tomography)

診断用X線CTを用いて、腰椎を撮影することで測定します。この時、補正を目的に基準物質となる骨量ファントム(ハイドロキシアパタイトなど)を同時に撮影します。

脂肪髄の影響を受けるため、測定精度が低いのが欠点です。

被ばく線量が大きいという欠点もあります。ただし、低被ばくで測定できるpQCT法というものもあります。(橈骨遠位端を撮影します。)

 

定量的超音波法(QUS:quantitative ultrasound)

数百kHzの超音波を使用します。

超音波伝播速度(speed of sound)が骨密度に比例します。

踵骨の透過SOSを測定するものと、脛骨の骨表面SOSを測定するものがあります。

被ばくがないことから、骨粗鬆症のスクリーニング検査として用いられます。

再現性が良くないという欠点があります。

 

その他

単一光子吸収測定法(SXA:single energy X-ray absorptiometry)

DPA(dual photon absorptiometry)/ SPA(single photon absorptiometry)