診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
国家試験

第72回 撮影技術 PM

第72回 国家試験 撮影技術 PM の解説を作成しました。

良ければ参考にしてください。

84 IVRによる治療前の脳血管造影像Aと治療後の脳血管造影像Bを示す。誤っているのはどれか。

 1.正面撮影である。
 2.DSA画像である。
 3.ステント留置術が行われた。
 4.内頸動脈が造影されている。
 5.治療目的は脳動脈瘤の破裂防止である。

解 3

ステントではなく、コイルで動脈瘤を塞栓した画像になります。他の選択肢が正解であるため、解説のかわりになると思います。

85 医療廃棄物の処理について正しいのはどれか。

 1.病原体別に容器を使い分ける。
 2.容器に段ボール箱を使用する。
 3.蓋がない解放した容器を用いる。
 4.デバイス類は可能な限り再利用する。
 5.使用済みの注射針はリキャップせず廃棄する。

解 5

針刺し事故に繋がるリスクがあるため、使用済みの注射針はリキャップせず廃棄します。

86 右足関節X線写真側面像を示す。立方骨はどれか。

 1.ア 2.イ 3.ウ 4.エ 5.オ

解 5

解剖なので、教科書等で確認して下さい。と言いたいのですが、皆さんの教科書に載っていますでしょうか?

私の教科書には載っていませんでした。重なり等があるため、少し想像力が必要です。参考として、過去門の画像を貼ります。側面は通常、オレンジ矢印の方向から撮影します。

ア 距骨 イ 舟状骨 ウ 内側楔状骨 エ 踵骨

 

87 顔面単純CT像を示す。描出されていないのはどれか。

 1.顎下腺 2.上咽頭 3.上顎洞 4.歯突起 5.鼻中隔

解 1

第69回 PM93 とほぼ同様の問題です。

 

88 管電圧70 kV、管電流100 mA、撮影時間0.5 s、SID 100 cm の撮影条件を管電圧および画像処理条件を変化させないで、管電流150 mA、SID 150 cm にした。同一濃度を得る撮影時間[s]はどれか。

 1.0.25 2.0.5 3.0.75 4.1.25 5.1.5

解 3

各項目 before after メモ
管電流[mA] 100 150 3/2倍になる。
撮影時間[sec] 0,5 T
SID[cm] 100 150 3/2倍になる。

ここで一手間加えると、ミスが少なくなると思います。それは簡単な数値を代入してみることです。

距離の逆2乗というキーワードが先行して、ややこしくなってしまう場合が多いと思います。

例)管電流だけを2倍にした時の、必要な撮影時間は1/2倍
撮影距離だけを2倍にした時の、必要な撮影時間は4倍

この例を参考にすると

管電流 逆数にしてかけるから、2/3倍
撮影時間 2乗してかけるから、9/4倍

となります。

よって、0,5 × 2/3 × 9/4 = 3/4 =0.75[sec]

89 患者の被ばく線量の低減に直接寄与するのはどれか。

 1.DRL 2.焦点サイズ 3.仮想グリッド 4.ノイズ除去処理 5.X 線付加フィルタ

解 5

  • 1.DRL → 診断参考レベル。
  • 2.焦点サイズ → 出力される最大管電流に影響はありますが、線量の低減に直接寄与はしないと思います。
  • 3.仮想グリッド → グリッドを使用しないで、グリッドを使用した時と同様の画像ができます。グリッドを使用する時より、線量は減りますが、通常撮影と同等の線量となるため、解答ではないと思います。
  • 4.ノイズ除去処理 → 線量不足だと画像にはノイズが増加します。このノイズを低減させる仕組みです。この仕組みが線量低減に直接は寄与しないと思います。
  • 5.X 線付加フィルタ → フィルタを付加することで、ターゲットから出力されるX線のうち、画像に寄与しない低エネルギー成分のX線をカットして、被ばくを低減する役割があります。
90 内視鏡を使用する造影検査はどれか。

 1.ERCP 2.HSG 3.IVP 4.MRCP 5.PTC

解 1

  • ERCP endoscopic retrograde cholangiopancreatography 内視鏡的逆行性胆管膵管造影
  • ※最近では、ERCPと言えば造影のみでなく、治療する意味合いがあるので、注意です。
  • 治療例 内視鏡的胆道結石摘出術、EST(内視鏡的乳頭括約筋切開術)、EPBD(内視鏡的乳頭バルーン拡張術)、EBBD(内視鏡的経鼻胆管ドレナージ)、ステント留置等。
  • HSG hysterosalpingography 子宮卵管造影
  • IVP intravenous pyelography 経静脈性腎盂造影法(静脈内注射、50ml)
  • ※DIP drip infusion pyelography 点滴静注腎盂造影法(点滴静注、100ml)
  • ※IVP、DIPはどちらも静脈内に造影剤を投与して、5、10、20分後等の撮影を行い、腎・尿管・膀胱等の尿路の評価を行います。両者が異なるのは、造影剤の注入方法(時間)と注入量です。
  • PTC percutaneous transhepatic cholangiography 経皮経肝的胆管造影
91 X線写真を示す。異常を認める部位はどれか。

 1.烏口突起 2.肩峰 3.鎖骨 4.上腕骨頭 5.肋骨

解 3

左鎖骨骨折

92 頸椎撮影の体位と観察部位の組合せで正しいのはどれか。

 1.正面撮影————前縦靱帯
 2.斜位撮影————後縦靱帯
 3.開口位撮影———-黄色靱帯
 4.側面<中間位>撮影—椎間孔
 5.側面<前屈位>撮影—環椎歯突起間距離

解 5

1.正面撮影————ルシュカ関節、全体像(C3以下)
2.斜位撮影————椎間孔
3.開口位撮影———-歯突起、環椎、環軸関節
4.側面<中間位>撮影—全体像、環椎歯突起間距離
5.側面<前屈位>撮影—椎体の配列等、安定性、環椎歯突起間距離

93 冠動脈CTに用いられる画像表示法で、冠動脈内腔の中心線抽出が必要なのはど
れか。

 1.VR 2.MIP 3.MinIP 4.Raysum 5.Curved MPR

解 5

臨床的には、VR、MIP、Curved MPRを作成します。

元画像から冠動脈を抽出して、各冠動脈の中心線を抽出して、Curved MPRを作成します。

その血管から、VRやMIP画像を作成します。

過去問に、1.VRと2.MIPがあったので、参照してください。Curved MPRの画像は見つかりませんでしたが、ネットで検索するとイメージ沸くと思います。

1.VR

2.MIP