診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
CTやMRI

第71回 CTMRI 午後

第71回 CT、MRI関連 午後の解説を作成しました。

良かったら参考にしてください。午前より難しい印象なので、今後は参考となるページを作成していく予定です。ちなみに造影剤については、時間を下さい。

6 X線CTで誤っているのはどれか。

1.造影効果を高めるには管電圧を低くする。
2.短時間で撮影するにはヘリカルピッチを大きくする。
3.金属アーチファクトを抑制するには管電圧を高くする。
4.仮想的な非造影画像を作成するためにはdual energyで撮影する。
5.1回転当たりの投影データ数を増加させるにはX線管の回転速度を高める。

解 5

  • 5.1回転当たりの投影データ数を増加させるにはX線管の回転速度を高める。

→view数と言われるやつです。管球の回転速度が上がれば、view数は低下します。

  • 1.造影効果を高めるには管電圧を低くする。
  • 4.仮想的な非造影画像を作成するためにはdual energyで撮影する。

補足として。最近流行っているdual energyについてです。造影相を低管電圧で撮影することで、造影効果を高めることができます。

 

  • 3.金属アーチファクトを抑制するには管電圧を高くする。

メタルアーチファクトは、歯の治療や骨折後の治療で金属などの高吸収物体があると、透過するX線が極小となり正常に再構成できなくなります。

→こじつけですが管電圧を高くすると透過するX線が増加して、アーチファクトが軽減するということでよろしいと思います。

7 マルチスライスCT装置で、ビーム幅40mm、ピッチ係数<ピッチファクタ>0.8としたとき、ガントリ1回転当たりのテーブル移動距離[mm]はどれか。

1.16
2.24
3.32
4.40
5.50

解 3

公式を用います。

ビームピッチ = 1回転当たりの寝台移動距離 ÷ ビーム幅

変換して、求めます。

1回転当たりの寝台移動距離 = ビームピッチ × ビーム幅

= 0.8 × 40mm  = 32mm

なおヘリカルピッチの詳細については、ヘリカルCTについてを参照してください。

9 X線CTにおいて、特定の検出器素子の感度異常によって生じるのはどれか。

1.部分体積効果
2.リングアーチファクト
3.モーションアーチファクト
4.ウィンドミルアーチファクト
5.ビームハードニングアーチファクト

解 2

CTのアーチファクトについて、詳細はCTのアーチファクトについてを参照して下さい。

  • ストリークアーチファクト

1個の検出器のデータが、1つの投影角度で異常となった時に生じます。複数の投影角度で発生すると接線ストリークや不完全なリングアーチファクトとなります。

  • リングアーチファクト

1本のストリーク像が、全ての投影角度で連続して発生することで生じる。

  • シャワーアーチファクト

特定の方向の全ての検出器が異常データとなる場合に発生します。X線管の出力異常が原因のことが多いようです。

10 MRAについて正しいのはどれか。

1.Dixon法が用いられる。
2.PC法では脂肪組織が血管抽出の妨げとなる。
3.TOF法では流速と流れの方向が測定できる。
4.非造影MRAは造影MRAに比べ乱流の影響を受けにくい。
5.造影MRAでは目的血管に合わせて撮影タイミングが決定される。

解 5

  • 5.造影MRAでは目的血管に合わせて撮影タイミングが決定される。

→造影MRAは、撮影するタイミングを決定します。タイミングの測定には、テストインジェクション法とボーラストラッキング法があります。

PC法では、VENCと言われるパラメータを設定します。

  • 1.Dixon法が用いられる。 → DIXON法は脂肪抑制です。
  • 2.PC法では脂肪組織が血管抽出の妨げとなる。 → 調査中
  • 3.TOF法では流速と流れの方向が測定できる。→PC法では流速と流れの方向が測定できます。
  • 4.非造影MRAは造影MRAに比べ乱流の影響を受けにくい。 → 調査中

 

11 MRIのパルスシーケンスで正しいのはどれか。

1.高速SE法ではT2*効果が強調される。
2.SE法の信号はマジックアングルで最大となる。
3.GRE法でスポイラグラディエントを加えるとT2*強調像が得られる。
4.GRE法の信号強度が最大となるフリップ角をErnst<エルンスト>角という。
5.EPI法での化学シフトアーチファクトは位相方向よりも周波数方向に強くみられる。

解 4

エルンスト角

短いTRを使用するGRE法では、flip angleが90°より小さい時の方が信号が高くなります。この信号が最大となる角度をエルンスト角と言い、各組織のT1値と設定TRによって異なります。

  • 1.高速SE法ではT2*効果が強調される。→高速SE法は、T2強調画像です。
  • 2.SE法の信号はマジックアングルで最大となる。

マジックアングル

MRIのアーチファクトの一種です。腱や靭帯などの長軸方向が、静磁場方向と55°になると発生します。腱や靭帯のT2値が延長し、TEの短いシーケンス(T1W、PDW)で高信号となります。

  • 3.GRE法でスポイラグラディエントを加えるとT2*強調像が得られる。

GRE法は難しいですが、概要をまとめてみました。

  • 5.EPI法での化学シフトアーチファクトは位相方向よりも周波数方向に強くみられる。

→EPI法では、位相方向に出現します。

12 MRIにおいて、ある物質のT1、T2、T2*の値の関係として正しいのはどれか。

1.T1>T2>T2*
2.T1>T2*>T2
3.T2>T1>T2*
4.T2>T2*>T1
5.T2*>T2>T1

解 1

参考までに各組織のT1値(1,5T)、T2値を表にします。T2*は、T2値よりも短いです。

参考までに。

  • T1値 63%まで回復することを意味します。
  • T2値 37%まで減衰することを意味します。SE法
  • T2* FIDの減衰は、spin echoよりも短いです。180°パルスがないため、磁場の不均一を含みます。
18 MRI造影剤について正しいのはどれか。

1.致死的副作用はない。
2.細胞外液性造影剤はT2緩和時間を短縮しない。
3.SPIOはT2強調像もしくはT2*強調像で評価する。
4.MRCPでは消化管造影剤は陽性造影剤として用いられる。
5.Gd-EOB-DTPAは投与後15分前後から肝細胞に移行する。

解 3

2020/10/27 気づいたので追記。。。

個人的に5も正解で良いと思います。

そう思う根拠。

第65回AM30 使用された造影剤を解答する問題です。

正解はEOBです。問題で使用されている画像が、造影剤投与後15分前後で肝細胞相みたくなっているからです。

他の選択肢については、こちらを参考にしてください。

19 膝のMRI検査前の準備として適切なのはどれか。

1.患者の両手は腹部で組んだ状態とする。
2.膝用コイルのケーブルが長い場合はループ状に配置する。
3.膝以外の場所に湿布薬を貼っている場合は剥がさずに検査する。
4.両側の大腿が直接接触しそうな場合は間にクッションをはさむ。
5.条件付きMRI対応ペースメーカを植え込んでいる場合は制限なく検査を行ってもよい。

解 4

1.患者の両手は腹部で組んだ状態とする。 → ループを形成するため✖。

2.膝用コイルのケーブルが長い場合はループ状に配置する。 → ループは✖。

3.膝以外の場所に湿布薬を貼っている場合は剥がさずに検査する。 → 火傷のリスクがあるため✖。

5.条件付きMRI対応ペースメーカを植え込んでいる場合は制限なく検査を行ってもよい。→私が勤める病院でも、MRI対応ペースメーカを植え込んでいます。その方のMRを行う時は、業者さんと臨床工学技士の立ち会いのもと行います。

20 3TMRI装置における脂肪と水の共鳴周波数差[Hz]に最も近いのはどれか。ただし、1Hの磁気回転比は42.6MHZ・T^-1とする。

1.36.5
2.49.7
3.149
4.224
5.447

解 5

水と脂肪の共鳴周波数の差[Hz] = 3,5[ppm] × 42,56[MHz/T] × 静磁場強度[T]

計算すると、静磁場強度が1,5[T]では220[MHz]、3[T]では447[MHz]となります。

詳細については、ケミカルシフトについてを参照してください。

21 SE法によってTR 400ms、TE 10ms で撮影された頭部MR像について正しいのはどれか。

1.脂肪は低信号で抽出される。
2.脳梗塞は高信号で抽出される。
3.脳脊髄液は高信号で抽出される。
4.脳下垂体後葉は高信号で抽出される。
5.灰白質は白質よりも高信号で抽出される。

解 4

まず問題文に与えられたパラメータの画像を推測する必要があります。与えられたパラメータで撮像するのは、T1強調画像です。

そして下垂体後葉はT1Wで、高信号になることはよく知られています。(第69回午後23)

  • 1.脂肪は低信号で抽出される。 → 脂肪抑制法(STIR、DIXON等)
  • 2.脳梗塞は高信号で抽出される。 → 急性期 拡散強調画像、慢性期 T2W、FLAIR
  • 3.脳脊髄液は高信号で抽出される。 → T2W
  • 5.灰白質は白質よりも高信号で抽出される。 → FLAIR
22 拡散強調像について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.真の拡散係数が得られる。
2.脂肪抑制法が併用される。
3.組織のT2値の影響を受ける。
4.急性期脳梗塞は低信号に抽出される。
5.撮影には一般的にSE法が用いられる。

解 2、3

  • 1.真の拡散係数が得られる。→ ADCは、見かけの拡散係数です。
  • 4.急性期脳梗塞は低信号に抽出される。 → 急性期脳梗塞は、拡散強調画像で高信号、ADCmapで低信号となります。

現場でもよく撮像するのが、拡散強調画像です。例えば頭部の脳梗塞の精査です。

拡散強調は、T2の影響を少なからず受けます。

だから拡散強調画像で高信号だから、急性期脳梗塞と決め付けるのは早いです。

それはT2 shine thoughという、T2値の影響を含んだアーチファクトの可能性もあります。

このT2値の影響を除外するために、ADCmapで低信号を確認することが大切となります。

拡散強調画像 ADCmap 拡散制限?
高信号 低信号 急性期脳梗塞
高信号 高信号or等信号(低信号でない) T2 shine throuhgh

5.撮影には一般的にSE法が用いられる。 →EPI法が用いられます。

23 腰椎MRIの矢状断像で呼吸性アーチファクトを軽減する方法として正しいのはどれか。

1.TEを長くする。
2.フリップ角を大きくする。
3.位相エンコード方向を頭尾方向にする。
4.腰椎にサチュレーションパルスを付加する。
5.MT<magnetization transfer>パルスを付加する。

解 3

検査中の動きが原因で出現するモーションアーチファクトです。

この動きには、次のようなものがあります。

  • ゴースト像 周期的な動きで、呼吸による体動、腸間の蠕動、心臓の拍動、血液や脳脊髄液の流れなどがあります。
  • ボケ像 体の動き、嚥下運動、目の動きなどがあります。

動いた方向に出現するのではなく、位相エンコード方向の位置ズレとして出現します。

これはデータ収集の時間に関係しています。周波数エンコード方向では[msec]に対して、位相エンコード方向では[sec]~[min]となっているためです。

対策の一つとして、周波数と位相のエンコード方向を変えて、アーチファクトの判断を行います。

詳細は、MRIのアーチファクトについても参考にしてください。

24 ファンクショナルMRIで正しいのはどれか。

1.造影剤を使用する。
2.データ取得にSE法を用いる。
3.脳実質の動きを画像化している。
4.データ処理に最大値投影法を用いる。
5.運動野を抽出するためには指先の運動を行う。

解 5

Functional MRIは、形態的な情報ではなく、脳機能に関する情報を画像化したものです。

例えば検査中に右手を動かしたら、左の運動野が活性化されるというのを画像に表す試みです。

これはBOLD効果をT2*で捉え、タスクと関連した部位を統計手法で求め画像化します。

BOLD効果(blood oxygenation level dependent)とは、血液の酸素化の度合いによってMR信号が変化する効果のことです。

なおEPI法がよく利用されます。