診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
CTやMRI

第70回 CTやMRI 午前

第70回 診療放射線技師 国家試験 CTやMRIについて 午前の解答を作成しました。

参考にしてください。

11 CT値が50 HUである物質のX線減弱係数μaと水のX線減弱係数μwとの比μa/μwはどれか。

1. 0.50
2. 1.05
3. 1.50
4. 5.05
5.50.0

解 2

CT値を求める公式に代入すれば、解答できます。

 

CT値 = (μa – μw)/μw×1000

50 = ( μa- μw)/μw×1000

50/1000   = μa/μw-μw/μw

μa/μw = 50/1000 + μw/μw

=0,05 + 1 =1,05

12 MRI 装置について誤っているのはどれか。

1.RF コイルは受信コイルとして機能する。
2.高周波回路系送信部はRFパルスを生成する。
3.傾斜磁場コイルでスピンの位置情報を付加できる。
4.高周波回路系受信部はMR 信号をデジタル化する。
5.QD<quadrature detection>コイルは傾斜磁場コイルの一つである。

解 5

QDコイルは、2つのコイルが直行に配置されています。

それぞれのコイルから取得した90°位相が異なる2つの信号を、位相を揃えて足し合わせて信号を2倍にします。ただノイズも増加するため、√2倍のSNRとなります。

また傾斜磁場にどのようなコイルが使用されているか、次のようでした。

  • Z軸 マックスウェル・コイル・ペア
  • XY軸 平行四線型コイル(オープンMRI)やGolay型コイル(超伝導磁石MRI)
13 MRI 撮影時に生じる大きな音の発生源はどれか。

1.静磁場磁石
2.受信用コイル
3.送信用コイル
4.傾斜磁場コイル
5.クライオスタット

解 4

MR検査中に騒音が発生するのは、傾斜磁場コイルに流れる電流が電磁力を発生するためです。

15 パラレルイメージングを併用した高速スピンエコー法で撮影した場合の撮影時間
”s•はどれか。ただし、TR 4,000 ms、TE 100 ms、FOV 32 cm、周波数エンコード数512、位相エンコード数256、エコートレイン数32、加算回数2、パラレルイメージングファクタ4とする。

1. 8
2. 16
3. 32
4.262
5.512

解 2

MRの撮像時間は、次式で表されます。

撮像時間 = TR × Ny × NEX ÷ ETL

TR:繰り返し時間、Ny:位相エンコードステップ数、NEX:加算回数、ETL:エコートレイン数

この問題では、パラレルイメージングを利用しています。

パラレルイメージングは、位相エンコードステップ数を減らすことで、撮像時間を短縮する手法です。どれくらい撮像時間を短縮できるかは、リダクションファクターなどと言われます。(ここでは、パラレルイメージングファクタです。)この数値で撮像時間を「÷」ことで求められます。

よってこの問題の数値を公式に代入すると、

撮像時間 = 4000 × 256 × 2 ÷ 32 ÷ 4

= 1600[ms] =16[s]

16 拡散強調像について誤っているのはどれか。

1.見かけの拡散係数が得られる。
2.b 値はMPGパルスの間隔を示す。
3.急性期脳梗塞の診断に用いられる。
4.撮影には一般的にEPI 法が用いられる。
5.組織の水分子のブラウン運動の大きさを画像化する。

解 2

b値は、拡散強調画像で用いられるファクターです。

このb値は、どれくらい拡散を強調させるかという値になります。

そのb値のパラメータは、MPGの強度、2つのMPG間隔、印加時間からなります。

MPG:motion probing gradientは、動きを検出するために印加する傾斜磁場のことです。

17 TOF法MRAで血管内の信号低下の原因として考えられるのはどれか。2つ選べ。

1.渦流
2.栓流
3.層流
4.乱流
5.定常流

解 1、4

血流の種類は、いくつかあります。

  • 栓流 流速が一定の理想的な血流
  • 層流 中央が速く、血管壁に向かうほど遅くなる血流。実際の血流は、ほとんどが層流です。
  • 乱流 流速や方向が無秩序な血流。血管分岐部や狭窄部の遠位部で生じやすいです。
  • 渦流 中央と反対向きの血流。

この中で、TOFの信号低下と関連する流れは乱流渦流になります。

18 MRIのアーチファクトで正しいのはどれか。

1.マジックアングルアーチファクトはT2強調像で強く現れる。
2.化学シフトアーチファクトは静磁場強度が高いほど大きくなる。
3.折り返しアーチファクトはスライスを厚くすることで回避できる。
4.モーションアーチファクトはインターリーブ法によって抑制できる。
5.エヌハーフアーチファクトは信号のデータ収集を打ち切ることで生じる。

解 2

MRのアーチファクトについても参照してください。

マジックアングルアーチファクト
腱や靭帯などの長軸方向が、静磁場方向と55°になると発生するアーチファクトです。腱や靭帯のT2値が延長し、TEの短いシーケンス(T1W、PDW)で高信号となります。

折り返しアーチファクト
FOV外のものが、FOV内の反対側に表示されるアーチファクトです。周波数エンコード方向にも発生しますが、位相エンコード方向に発生しやすいです。

モーションアーチファクト
検査中の体動や血流などの動きが原因で出現するアーチファクトです。

エヌハーフアーチファクト
EPIで発生するアーチファクトです。傾斜磁場を高速に反転する際に、エラーが発生して出現するアーチファクトです。

 

19 脳白質神経路の走行を推定するのに用いられるのはどれか。

1.ASL <arterial spin labeling>
2.BOLD <blood oxygenation level dependent>
3.DTI <diffusion tensor imaging>
4.MRA <magnetic resonance angiography>
5.VBM <voxel-based morphometry>

解 3

各撮像法と目的は、次のようになります。

  • ASL  脳血流
  • BOLD ファンクショナルMRI
  • DTI  神経
  • MRA  血管
  • VBM  データベースに蓄積されている画像を基に、 画素毎に脳形態の画像解析を行う

 

20 乳腺専用コイルを使用して撮影した同一断面のMR 像を示す。正しいのはどれか。

1.AはT2強調像である。
2.仰臥位での撮影である。
3.位相方向は左右方向である。
4.B は脂肪抑制T1強調像である。
5.C は脂肪抑制T2強調像である。

解 3

位相方向を左右方向に設定するのは、心臓の拍動や呼吸によるmotion artifactが乳房にかからないようにするためです。

次は画像のシーケンスについて、考えてみます。

  • A 皮下脂肪などが高信号で観察できます。また乳房中心部は低or等信号で観察できます。
  • B 皮下脂肪の信号が抑制されています。また乳房中心部は高信号で観察できます。
  • C 皮下脂肪の信号が抑制されています。心臓や大動脈が高信号で抽出されています。

これらを考慮すると、次のように推測できます。

A T1強調画像、B 脂肪抑制T2強調画像、C 造影の脂肪抑制T1強調画像

また乳房MRIは専用のコイルを使用し、腹臥位で検査を行います。

 

 

23 頭部MRAのMIP 像を示す。矢印で示す脳動脈瘤が存在する断面はどれか。

1.ア
2.イ
3.ウ
4.エ
5.オ

解 3

MIP画像を参照すると、動脈瘤が存在するのは左内頚動脈であることが予想されます。

選択肢のアキシャル画像を参照すると、ウのスライスでは左内頚動脈と動脈瘤を観察ることができます。

実際の現場でも、VRやMIPなどの画像で動脈瘤を疑った場合などは、元画像で確認する作業が大切になります。

24 膝関節MRI の冠状断像を示す。矢印で示すのはどれか。

1.顆間隆起
2.外側半月板
3.前十字靱帯
4.後十字靱帯
5.内側半月板

解 3

臨床画像が使えませんので、手作り感満載のイラストを掲載します。

サジタル(矢状断)で考えると、イメージつきやすいと思います。

問題のコロナール画像が、右とか左とか重要なわけではありません。ACLが脛骨前方に付着していて、走行がイメージできていると解答しやすいと思います。

ACL:前十字靭帯、PCL:後十字靭帯です。

膝関節のMRIイメージ