診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
基礎医学大要

第68回 医学大要 午後

診療放射線技師の第68回国家試験の医学大要(午後)の解説を作成しました。

随時追加してきますので、参考にしてください。

50 生体を構成する元素で最も割合が少ないのはどれか。

1.H  2.C 3.N 4.O 5.Ca

解 5

人体を構成する主要な元素と比率は次のようになります。

O (65%)、C (18%)、H (10%)、N (3%)。

51 不要物質の分解処理に関わる細胞小器官はどれか。

1.Golgi装置
2.中心体
3.ミトコンドリア
4.リソソーム
5.リボゾーム

解 4

リソソームは、ゴルジ装置で作られ、内部に加水分解酵素を含みます。

細胞外から取り入れた異物や細胞内で不要になったものを、消化・分解します。

関連については、細胞関連についても参照してください。

52 形質細胞に分化して抗体を産生するのはどれか。

1.B 細胞
2.T 細胞
3.好酸球
4.好中球
5.マクロファージ

解 1

B細胞は、造血幹細胞から分化し最終的に形質細胞、メモリーB細胞へと分化します。形質細胞に分化すると、抗原に特異的な抗体を産生します。

53 声帯が付着する構造で声帯の前方に位置するのはどれか。

1.甲状軟骨
2.喉頭蓋
3.舌 骨
4.披裂軟骨
5.輪状軟骨

解 1

喉頭の主要な軟骨は4つで、次の通りです。

甲状軟骨、輪状軟骨、喉頭蓋軟骨、披裂軟骨です。

 

54 リンパ系について正しいのはどれか。

1.胸管は右の静脈角に注ぐ。
2.胸管の起始部を脈絡叢という。
3.胸管は上半身のリンパ液を集める。
4.右下半身のリンパ液は左の静脈角に注ぐ。
5.静脈角とは肩甲上静脈と鎖骨下静脈の合流部をいう。

解 4

静脈角とは、内頚静脈と鎖骨下静脈の合流部を言います。

右静脈角には、右頭頸部、右上半身のリンパ液が流入します。

左静脈角には、左頭頸部、左上半身、腹部、下半身からのリンパ液が流入します。

腹部や下半身からのリンパ液は、乳び槽から胸管を経て左静脈角に合流します。

リンパ系については、こちら のリンパ系も参考にしてください。

55 腎臓で血液のろ過を行うのはどれか。

1.糸球体
2.腎盂
3.腎静脈
4.尿 管
5.尿細管

解 1

腎皮質に見られる糸球体は、毛細血管が集まり糸玉状の構造をしています。

この毛細血管が血液を濾過し、原尿を生成しています。

尿の生成についても、併せて参考にしてください。

56 顔面の知覚を伝達するのはどれか。

1.滑車神経
2.三叉神経
3.外転神経
4.顔面神経
5.迷走神経

解 2

顔面の感覚を支配する神経は、三叉神経です。

併せて脳神経についても参考にしてください。

57 音が伝わる順序で正しいのはどれか。

1.鼓膜 → 耳 管 → 蝸牛 → 聴神経
2.鼓膜 → 耳 管 → 三半規管→ 聴神経
3.鼓膜 → 耳 管 → 耳小骨 → 聴神経
4.鼓膜 → 耳小骨→ 蝸牛 → 聴神経
5.鼓膜 → 耳小骨→ 三半規管→ 聴神経

解 4

音波(振動)が伝わる順序は次のようになります。

外耳道→鼓膜→耳小骨→蝸牛→有毛細胞

58 骨転移の頻度が低いのはどれか。

1.腎癌
2.乳 癌
3.肺癌
4.食道癌
5.前立腺癌

解 4

骨転移は、どの癌にも骨転移の可能性はあります。

その中で、骨転移の頻度が高いのは、前立腺癌、乳癌、腎癌、肺癌などです。

59 肺塞栓症と関係が深いのはどれか。

1.肺気腫
2.動脈硬化
3.心房細動
4.僧帽弁狭窄症
5.深部静脈血栓症

解 5

肺塞栓症は、肺動脈に血栓が塞栓した状態を言います。

これは下肢の深部静脈で生じた血栓が、静脈血流によって肺に到達することで発症する重大な合併症です。

肺動脈血栓については、こちらも参考にしてください。

60 好発年齢が乳児期なのはどれか。

1.急性虫垂炎
2.十二指腸潰瘍
3.潰瘍性大腸炎
4.肥厚性幽門狭窄症
5.Crohn病

解 4

肥厚性幽門狭窄症以外は、よく見聞きする疾患です。これらの好発年齢が乳児ではないことから解答したいところです。

肥厚性幽門狭窄症は、新生児、乳児がミルクを吐く病気で、筋肥厚性幽門狭窄症と呼ばれています。胃の出口である幽門周囲の筋が肥厚し、胃の出口が狭くなっているため症状が出ます。

飲んだミルクが十二指腸に運ばれず胃内に停滞し、ミルクで胃が一杯になると飲んだミルクを吐きます。

61 ホルモン分泌低下による疾患はどれか。

1.先端巨大症
2.中枢性尿崩症
3.原発性アルドステロン症
4.Cushing症候群
5.Parkinson病

解 2

中枢性尿崩症は、下垂体後葉から分泌されるバソプレシンの分泌低下で起こることがあります。

先端巨大症は下垂体前葉からの成長ホルモン、原発性アルドステロン症は副腎皮質からのアルドステロン、Cushing症候群はの副腎皮質からのコルチゾールやアンドロゲンの過剰分泌で発症します。

Parkinson病は、中脳の黒質が変性することによりドパミンの産生が低下することで発症する神経変性疾患に分類されます。

内分泌疾患については、こちらも参考にしてください。

62 非ステロイド性抗炎症薬の作用はどれか。2つ選べ。

1.解 熱
2.抗菌
3.鎮痛
4.粘膜保護
5.気管支拡張

解 1、3

非ステロイド性抗炎症薬は、nonsteroidal anti- inflammatory drugs:NSAIDsのことです。NSAIDsの作用は、抗炎症作用、解熱作用、鎮痛作用です。

63 動脈化学塞栓療法が最も多く行われるのはどれか。

1.肺癌
2.食道癌
3.肝細胞癌
4.前立腺癌
5.子宮体癌

解 3

各疾患と主な治療法は次のようになります

  • 肺癌 外科的切除、化学療法、放射線療法の組み合わせが中心となります。
  • 食道癌 内視鏡的治療、外科的治療、化学療法、放射線療法、姑息的治療などが選択されます。
  • 肝細胞癌 肝切除、経皮的局所療法、肝動脈化学塞栓療法、肝動注化学療法、肝移植などがあります。
  • 前立腺癌 外科的治療、放射線療法、内分泌療法などの単独または併用が選択されます。
  • 子宮体癌 外科的治療が基本となります。
64 罹患率が日本よりも欧米で高いのはどれか。2つ選べ。

1.胃癌
2.結 核
3.前立腺癌
4.肝細胞癌
5.Crohn病

解 3、5

前立腺癌は、先進国の罹患率は発展途上国に比べ多く,北アメリカでは日本の約10倍程度、西ヨーロッパでは約5倍程度とも言われています。

Crohn病はも、先進国に多く北米やヨーロッパで高い発症率を示します。日本での発症は欧米の1/10程度です。