診療放射線技師を目指す学生に、国家試験で役立つ情報を提供しています。
CTやMRI

第68回 国家試験 CTやMRI 午前

第68回 診療放射線技師 国家試験のCTやMRI(午前)について、解説を作成しました。

随時更新していきますので、参考にしてください。

11 X 線 CT 装置で検出器の出力を最初に受け取るのはどれか。
1.PACS
2.画像処理装置
3.再構成演算装置
4.画像データ保存装置
5.データ収集システム

解 5

データ収集システムは、DAS(data acquisition system)のことです。検出器から送られたしデータをA/D変換し、コンピュータに送ります。

コンピュータには、再構成演算装置、画像データ保存装置が含まれます。

画像処理装置もコンピュータに含まれると思われます。

PACSは、画像表示装置のことです。

 

12 MRI 装置の静磁場が強い場合、正しいのはどれか。
1.SAR が低下する。
2.縦緩和時間が短縮する。
3.T2* による影響が減少する。
4.撮影可能な範囲が狭くなる。
5.Larmor周波数は低くなる。

解 4

この問題は消去法で解答するのが、良いのではないでしょうか。

1.SAR が低下する。
→SARは大きくなる、上昇します。

2.縦緩和時間が短縮する。
→T1緩和時間は、延長します。

3.T2* による影響が減少する。
→磁場の不均一性は増します。

4.撮影可能な範囲が狭くなる。
→SAR増加により、撮像範囲が制限されることを意味していると思われます。

5.Larmor周波数は低くなる。
→静磁場強度が1.5Tから3Tになると、共鳴周波数も63.9MHzから128MHzになります。

 

13 MRI 装置で正しいのはどれか。2つ選べ。
1.永久磁石は磁気材料の温度依存性が少ない。
2.永久磁石は超電導磁石に比べ維持費が安い。
3.超電導磁石の静磁場方向は体軸に平行である。
4.常電導磁石は常時液体ヘリウムで冷却する必要がある。
5.超電導磁石は超電導状態になれば液体ヘリウムは必要ない。

解 2,3

1.永久磁石は磁気材料の温度依存性が少ない。
→永久磁石の磁場強度は温度に依存する特性があります。

4.常電導磁石は常時液体ヘリウムで冷却する必要がある。
→液体ヘリウムが必要なのは、超伝導磁石です。

5.超電導磁石は超電導状態になれば液体ヘリウムは必要ない。
→超伝導状態は、液体ヘリウムで常に冷却することで維持できます。

 

14 造影剤自動注入器の使用で誤っているのはどれか。
1.MRI の造影剤自動注入器にシリンジタイプ造影剤を用いる。
2.MRI に用いる造影剤自動注入器は超音波モータを使用している。
3.血管造影検査に用いる造影剤自動注入器は X 線制御装置と連動する。
4.CT コロノグラフィでは硫酸バリウムを造影剤自動注入器で注入する。
5.X 線 CT にはデュアルインジェクタヘッドの造影剤自動注入器を使用する。

解 4

CTコロノグラフィの撮影時は、硫酸バリウムは使用しません。

 

15 MRI で撮影時間が 1/2 になるのはどれか。
1.加算回数を2倍にする。
2.SENSE factor を2倍にする。
3.位相エンコード数を2倍にする。
4.周波数エンコード数を 1/2 にする。
5.高速スピンエコー法のエコートレイン数を 1/2 にする。

解 2

MRの撮像時間は、次式で表されます。

撮像時間 = TR × Ny × NEX ÷ ETL

TR:繰り返し時間、Ny:位相エンコードステップ数、NEX:加算回数、ETL:エコートレイン数

さらにパラレルイメージングは、位相エンコードステップ数を減らすことで、撮像時間を短縮する手法です。どれくらい撮像時間を短縮できるかは、リダクションファクターなどと言われます。(ここでは、sense factorです。)撮像時間は、この数値で撮像時間を「÷」ことで求められます。

 

16 MRA で正しいのはどれか。
1.PC 法は血流の方向に MPG パルスを印加する。
2.PC 法は velocity encoding の設定が必要である。
3.TOF 法は流速の定量評価が可能である。
4.TOF 法は血流による位相変化を利用している。
5.TOF 法は撮影断面と平行な血管を描出しやすい。

解 2

1.PC 法は血流の方向に MPG パルスを印加する。
→双極傾斜磁場を印加します。

  • 双極傾斜磁場(bipolar gradient)
    位相変化を捉えるために、極性が正負に異なる大きさが等しい傾斜磁場のこと。
  • MPG(motion probing gradient)
    動きを検出するために、極性が正負に異なる大きさが等しい傾斜磁場のこと。

2.PC 法は velocity encoding の設定が必要である。
→正解。PC法では、目的とする血管内の最大流速を設定する必要があります。このパラメータをVENC(velocity encoding)と言います。

VENCの値を適切に設定しないと、目的とする血管の抽出はできません。

  • VENCが大きい場合
    遅い血流(静脈など)の抽出が乏しくなります。
  • VENCが小さい場合
    速い血流(動脈など)の抽出が乏しくなります。

3.TOF 法は流速の定量評価が可能である。
→PC法の説明です。

4.TOF 法は血流による位相変化を利用している。
→PC法の説明です。

5.TOF 法は撮影断面と平行な血管を描出しやすい。
→TOF法は、撮像断面と平行する血管の抽出は不得意です。

 

17 正常脳の 1H – MRSを示す。矢印で示す代謝物はどれか。
1.乳酸
2.コリン化合物
3.クレアチン化合物
4.ミオイノシトール
5.N -アセチルアスパラギン酸<NAA>

解 5

1H – MRSで見られる主な代謝物とピークについて、次のようになっているようです。

  • NAA ーー  2.02
  • Cr  ーーー 3.03(-CH3)、3.91(-CH2)
  • Cho  ーー  3.22
  • Lac  ーー  1.33
  • Lip  ーー   0~2.0

 

18 Gd – EOB – DTPA で正しいのはどれか。
1.経口投与する。
2.強磁性体である。
3.尿中には排泄されない。
4.肝細胞に特異的に集積する。
5.高齢者への投与は禁忌である。

解 4

EOBは、通常のGd造影剤を、肝細胞に特異的に集積するようにしたものです。

MRで使用される主な造影剤についても参考にして下さい。

 

21 Gd – EOB – DTPA 投与 20 分後の腹部 MRI の脂肪抑制 T1 強調像を示す。矢印で示す構造はどれか。
1.胆管
2.膵管
3.門脈
4.肝動脈
5.肝静脈

解 1

EOBは投与後20分程度で、肝細胞造影層が撮像可能となります。肝細胞に取り込まれたEOBは、毛細血管を経て胆汁へ移行します。

MRで使用される主な造影剤についても参考にして下さい。

 

22 頭部 MRI の T 2 強調横断像と点線のレベルの T1 強調冠状断像を示す。矢印で示す構造はどれか。
1.上直筋
2.下直筋
3.眼動脈
4.視神経
5.動眼神経

解 4

解剖の問題です。下の図を参照して下さい。

 

23 肝臓の MR像を示す。左葉にみられるのはどれか。
1.浮腫
2.壊 死
3.鉄沈着
4.脂肪沈着
5.ヨウ素沈着

解 4

腹部のMRI画像についての問題です。撮像されているシーケンスに、in phaseとopposed phaseがある時点で、脂肪の検出を目的としています。

そして画像を参照すると、opposed phaseで肝左葉が低信号となっていることから、脂肪成分が含まれていることを意味します。