診療放射線技師を目指す学生や若手技師に少し役立つ情報を提供します。
ホーム » 国試関連 » 第66回 撮影技術学2
a
国試関連

第66回 撮影技術学2

第66回 診療放射線技師国家試験 撮影技術学の解説を作成しました。

第66回までは、午後に20問が出題されていました。
前半、後半にわけて解説を作成してます。

ここは後半です、参考にして下さい。

参考図書

78 X 線CT で正しいのはどれか。

1.正常な肝臓のCT 値は脂肪より高い。
2.石灰化の描出能はMRI より劣っている。
3.上腹部の単純CT では検査前日から絶飲食とする。
4.脳梗塞巣は正常な脳実質より高い吸収域を呈する。
5.消化管に残存する硫酸バリウムはアーチファクトとならない。

answer

解 1

1.正常な肝臓のCT 値は脂肪より高い。→CT値を覚えていれば出来ると思います。

またCT画像をイメージするのも良いと思います。腹腔内脂肪や皮下脂肪は黒ですが、正常な肝臓は黒ではないと思います。よってCT値は、脂肪<正常肝とアプローチ出来ると思います。

2.石灰化の描出は、MRIよりCTの方が優れていると思います。

3.上腹部の単純CTでは、検査数時間前から食事を抜けば良いと思います。(1食抜くイメージで良いと思います。)胆嚢の収縮や消化管の蠕動運動に関係があります。

4.CTで脳梗塞巣は低吸収域として観察出来ます。

5.消化管に残存する硫酸バリウムは、アーチファクトの原因となります。

79 腹部のダイナミックCT で正しいのはどれか。

1.撮影は自由呼吸下で行う。
2.造影剤はボーラス投与する。
3.非放射性のXe ガスを使用する。
4.一度の息止めで多時相を撮影する。
5.位置決め画像の撮影は造影剤注入開始後に行う。

answer

解 2

1.撮影は自由呼吸下で行う。
→呼吸によるmotion artifact、位置のズレが生じてしまいます。

3.非放射性のXe ガスを使用する。
→脳血流を評価するために、非放射性Xeガスを用いる検査があります。

4.一度の息止めで多時相を撮影する。
→通常のルーチンは、単純、動脈相、門脈相、遅延相を撮影します。遅延相は造影剤投与後、約180秒後に撮影されることが多いです。3分息を止め続けている必要はありません。

5.位置決め画像の撮影は造影剤注入開始後に行う。
→普通は、位置決め画像をはじめに撮影します。

80 DXA 法による骨塩定量検査で正しいのはどれか。

1.CT 装置を使用する。
2.骨密度の単位はg/cm2 である。
3.測定部位は第2 中手骨である。
4.軟部組織の影響を排除するために水を利用する。
5.アルミニウム製の基準物質を撮影する必要がある。

answer

解 2

正解は2で難しいので、消去法のアプローチが有効と思われます。詳細は、骨塩定量についてを参照してください。

1.CT 装置を使用する。→QCT法

3.測定部位は第2 中手骨である。→MD法、DIP法、CXD法

4.軟部組織の影響を排除するために水を利用する。→QUS法と思われます。

5.アルミニウム製の基準物質を撮影する必要がある。→MD法、DIP法、CXD法

81 左手関節の後前方向のX 線写真を示す。正しい組合せはどれか。

1.ア ―――― DIP 関節
2.イ ―――― 基節骨
3.ウ ―――― 舟状骨
4.エ ―――― 尺 骨
5.オ ―――― 有頭骨

answer

解 3

82 頸椎X 線正面写真を示す。正しいのはどれか。

1.開口させて撮影している。
2.ドッグラインが確認できる。
3.脊柱管の前後径を計測できる。
4.束ねた髪の毛が描出されている。
5.X 線中心は頭尾方向15°で斜入している。

answer

解 4

1.頚椎正面撮影は開口しません。開口位は、こんな感じです。


2.ドッグラインが確認できるのは、腰椎斜位撮影です。

3.脊柱管の前後径は、側面像なら計測可能と思われます。

5.X 線中心は尾頭方向15°で斜入しています。頚椎正面、斜位撮影は尾頭方向から管球を振ります。側面像や開口位は管球は水平です。

83 胸部X 線写真を示す。最も考えられるのはどれか。

1.気 胸
2.肺水腫
3.間質性肺炎
4.胸部大動脈瘤
5.サルコイドーシス

answer

解 5

正解は5のサルコイドーシスです。この疾患は両側の肺門リンパ節が腫脹することがありますので、その胸部レントゲン画像と予測できます。詳細は、胸部疾患の概要に記載してます。参考にしてください。

しかしこの問題は消去法が有効と思われます。

1.気胸は肺野の透過性が亢進します(黒くなります)。国試レベルでは、一目で透過性亢進が分かるような画像が出されると思います。

2.肺水腫は、心不全と時に蝶形陰影(バタフライシャドウ)のような形で観察できます。

3.間質性肺炎は、蜂巣陰影などが観察できます。

4.胸部大動脈瘤は、左第1弓が腫脹してみえます。

84 食道X 線造影写真とCT 像を示す。考えられるのはどれか。

1.食道癌
2.食道静脈瘤
3.逆流性食道炎
4.食道平滑筋腫
5.食道裂孔ヘルニア

answer

解 1

2.食道静脈瘤 86のBの画像を使用してます。

3.逆流性食道炎 CTでは観察することはできないと思われます。透視でもバリウムが、胃から食道内に流れるのを観察することもありますが、主に内視鏡検査が主流と思われます。

4.食道平滑筋腫 食道壁は粘膜筋板と固有筋層の2層の筋肉層があります。この筋層から発生する良性腫瘍が平滑筋腫です。画像としては、ポリープみたいに孤立した腫瘤が内腔に突出する感じです。

5.食道裂孔ヘルニア 胃が横隔膜より、上部に出てしまっている状態です。

85 造影後の三次元腹部CT 像を示す。正しい組合せはどれか。

1.ア ―――― 腹腔動脈
2.イ ―――― 上行結腸
3.ウ ―――― 下腸間膜動脈
4.エ ―――― 直 腸
5.オ ―――― 内腸骨動脈

answer

解 3

1.ア → 上腸間膜動脈(SMA)は、小腸と一部結腸(上行結腸のみ)を栄養します。そのため、SMAの走行は縦に走るようなイメージになります。

2.イ → 左側の結腸は、下行結腸です。

3.ウ → 下腸間膜動脈(IMA)は、結腸(上行以外)を栄養します。

4.エ → S状結腸です。

5.オ → 外腸骨動脈 下肢に続く血管は、外腸骨動脈になります。

86 頸動脈性造影CT 像を示す。正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1.AはCTAP である。
2.腹水貯留を認める。
3.門脈閉塞を認める。
4.食道静脈瘤を認める。
5.腹腔内出血を認める。

削除問題

参考までに。

問題には頸動脈性とありますが、経動脈性と捉えて説明します。

CTAP:経動脈性門脈造影CT
上腸間膜動脈から造影剤を注入し、門脈に流入するタイミングでCTを撮影します。

CTA:肝動脈造影CT
総肝動脈から造影剤を注入して、CTを撮影します。

肝細胞癌はほぼ肝動脈から栄養を受けています。よって肝細胞癌は、CTAでは造影剤で濃染されます。

一方、CTAPでは門脈の血流動態が分かります。正常の肝は門脈で濃染されますが、肝細胞癌は濃染されないということになります。

CTA、CTAPの利点として、通常の造影CTではっきり抽出されない病変も明瞭に抽出することが可能です。

1.AはCTAP である。→Aで濃染されている箇所は、病変のように見えるのでCTAと思われます。BがCTAPと思われます。

2.腹水貯留を認める。→認めます。

3.門脈閉塞を認める。→門脈が閉塞している場合、CTAPで正常肝も濃染されません。

4.食道静脈瘤を認める。→認めます。

5.腹腔内出血を認める。→出血は明らかではないと思われます。

87 頭痛を訴えて救急外来を受診した際に撮影した頭部単純CT 像を示す。最も考えられる状態はどれか。

1.脳内出血
2.くも膜囊腫
3.硬膜下血腫
4.硬膜外血腫
5.くも膜下出血

answer

解 5

ヒトデ型の高吸収域が観察できるので、クモ膜下出血が正解となります。

詳細については、クモ膜下出血を参照して下さい。