診療放射線技師を目指す学生や若手技師に少し役立つ情報を提供します。
ホーム » 国試関連 » 62回 CTMRI 後半
a
国試関連

62回 CTMRI 後半

第62回 診療放射線技師 国家試験 CTMRI 後半の解説を作成しました。 良ければ参考にしてください。

34 正しいのはどれか。

1.X線CTに経口造影剤は使用しない。
2.MRIは検査中の体位変換が容易である。
3.超音波検査はリアルタイムに診断できる。
4.上腹部消化管造影は術者の技量に左右されない。
5.DSAは撮影から画像観察までの待ち時間がある。

answer

解 3

解説は割愛させて頂きます。

35 最も直線相関する組合せはどれか。

1.肝実質内の鉄密度    EPIでの肝実質の信号強度
2.GdーDTPAの血中濃度  T1強調像での血液の信号強度
3.酸化鉄造影剤の血中濃度 T2強調像での血液の信号強度
4.超音波造影剤の血中濃度 超音波での血液の輝度
5.ヨード造影剤の血中濃度 血液のCT値

answer

解 5

直線相関という言葉の定義が難しいので、単純な関わりと勝手に解釈します。

ヨード造影剤の血中濃度 ≒ 血液のCT値 と思いますので、こちらで良いと思います。

MRIの信号強度は、プロトン密度、T1値、T2値など多くの要素が関係します。よって直線相関ではないと判断するのが良いと思われます。 超音波には詳しくないので、4については割愛させて下さい。

36 MRIのアーチファクトで正しいのはどれか。

1.EPIは化学シフトアーチファクトが周波数方向に出現する。
2.磁化率アーチファクトは読み取り時間を延長することで軽減される。
3.打ち切りアーチファクトは撮影マトリクス数が増加した場合に生じる。
4.折り返しアーチファクトの抑制にはオーバーサンプリングが効果的である。
5.脂肪抑制法はミスレジストレーションアーチファクトの抑制に効果的である。

answer

解 4

1.EPIは化学シフトアーチファクトが位相方向に出現します。

2.磁化率アーチファクト 読み取り時間との関係が分かりません。TEを短縮すると軽減できる時もあると思います。

3.打ち切りアーチファクトは撮影マトリクス数が減少した場合に生じます。

5.脂肪抑制法はケミカルシフトアーチファクトの抑制に効果的で良いと思います。

NEW MRI アーチファクトのまとめも参考にして下さい。

37 TOF(time of flight)MRAで血管内の信号低下として考えられるのはどれか。2つ選べ。

1.渦流 2.層流 3.乱流 4.栓流 5.定常流

answer

解 1,3

MRAについて TOF法とPC法を参考にして下さい。

38 MRIで正しいのはどれか。2つ選べ。

1.筋肉はT1強調像で高信号である。
2.脂肪はT1強調像で高信号である。
3.脳脊髄液はT1強調像で高信号である。
4.水はT2強調像で高信号である。
5.皮質骨はT2強調像で高信号である。

answer

解 2,4

下表を参考にして下さい。

参考図書

39 MRIで正しいのはどれか。

1.小児には造影剤が使用できない。
2.脊髄腔の抽出には造影剤を用いる。
3.冠動脈の抽出には造影剤の使用が不可欠である。
4.超常磁性体酸化鉄コロイドは細網内皮系に取り込まれる。
5.ガドリニウムキレート造影剤は肝臓のクッパー細胞に取り込まれる。

answer

解 4

2脊髄腔は、T2Wやミエログラフィで観察出来ると思います。

MRの造影剤についてを参考にして下さい。

40 MRIの金属アーチファクトが軽減されるのはどれか。

1,加算回数を増やす。
2.低磁場装置を用いる。
3.受信バンド幅を狭める。
4.エコー時間を長くする。
5.グラディエントエコー法を用いる。

answer

解 2ケミカルシフトについてを参考にして下さい。

41 MRCPで正しいのはどれか。

1.急性膵炎では禁忌である。
2.逆行性膵胆管造影後に行う。
3.強いT1強調像を使用している。
4.膵癌や胆管細胞癌を高信号に描出する。
5.完全閉塞した膵管の上流側の観察が可能である。

answer

解 5

1.急性膵炎では禁忌である。→そのようなことはありませんが、時間がかかるためあまり行われないと思います。

2.逆行性膵胆管造影後に行う。→そのようなことはありません。

3.強いT1強調像を使用している。→heavy T2Wです。

4.膵癌や胆管細胞癌を高信号に描出する。→ざっくりですが、腫瘍系はT2Wで低信号のものが多いと思います。

42 躯幹部の三次元造影MRAで正しいのはどれか。2つ選べ。

1.撮影方向は任意である。
2.呼吸同期法を用いれば息止めの必要はない。
3.至適動脈相は造影剤の注入開始から常に一定である。
4.1回の造影で胸部から骨盤部までを連続して撮影できる。
5.造影剤投与後五分以内であれば良好な動脈像が得られる。

answer

解 1,4

難しい問題だと思います。私の施設でもあまりやらないでの、詳しくありません。消去法でいかがでしょうか?

2.呼吸同期法を用いれば息止めの必要はない。→呼吸同期法だと撮像時間が長くかかってしまい、何相の画像かわからなくなってしまうと思います。よって息どめで短時間で撮像する必要があると思います。

3.至適動脈相は造影剤の注入開始から常に一定である。→そんなことはないです。患者さんの心機能などによって左右されると思います。

5.造影剤投与後五分以内であれば良好な動脈像が得られる。→平衡相と思われます。

48 MRIの矢状断像を示す。橋はどれか。

1.ア  視床
2.イ  中脳
3.ウ  小脳
4.エ  橋
5.オ  下垂体

answer

解 4

解剖なので、割愛させて頂きます。